ぶらり京都 東寺の五重塔 特別拝観

1月の連休で大分県に行った帰り道、京都に寄りました。

時間的に何か一つくらいなら観光できそうだったので、東寺に行ってきました。

東寺のパンフレット

東寺と言えば五重塔。

新幹線から見えるのがこの塔ですね。

東寺の五重塔

この五重塔は弘法大使の創建着手に始まり、雷火などによって4回も焼失。現在の塔は1644年に再建した5代目ということです。

昔はこんなに高い建物はなかったでしょうから、雷も落ちやすかったんでしょうね。

高さは55メートル。見上げると定規で測ったように真っすぐで立派です。

 

たまたま五重塔の特別拝観を行っていましたので、中をのぞいてきました。

実際に中に入ることはできないのですが、四方の窓から中が見えるようになっています。

中を除くと塔の真ん中にとても太い柱がありました。

この心柱は建物とは独立した構造で、五重塔の各層を貫いているとのこと。

この柱をたくさんの仏像が取り囲んでいるという感じでした。

壁には鮮やかな曼荼羅が描かれていてました。

 

たまたま来て、中が見られたので良かったです。

ちなみに五重塔の特別拝観は2020年1月10日から3月18日までです。

 

弘法大使の御朱印

御朱印をいただきました。どうやら東寺には御朱印の種類がいくつかあるみたいです。大きな色紙にたくさん書いてもらっている方もいましたので。

私はとくに何も聞かれず、この弘法大使の御朱印を書いてもらいましたが、主人はどれにしますか?と聞かれたそうです。

 

結局二人とも同じ御朱印をもらいました。

駅から近いのでぶらっと歩いてお散歩するのにいいところですね。

 

 


人気ブログランキング
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただけるととってもうれしいです。

Posted by しお