赤い羽根共同募金でもらえる赤い羽根に変化

町内の役員さんが赤い羽根共同募金の集金にやってきました。

集金というのも変ですが、私の住む町では役員の方が集めにいらっしゃるので断るという選択肢はありません。

ちなみに一口500円です。

もっと募金したければ、してもかまいません。

赤い羽根共同募金

共同募金は、戦後間もない昭和22年に、戦後復興の一助として、市民主体の民間運動として始まりました。被災した福祉施設を中心に支援が行われ、その後、地域福祉の推進のために活用されてきました。

共同募金は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む民間団体を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ」として、取り組まれています。

 

共同募金運動とは

共同募金運動は、都道府県単位で行われています。各都道府県内で寄せられた寄付金は、同じ都道府県内で、子どもたち、高齢者、障がい者などを支援するさまざまな福祉活動や、災害時支援に役立てられます。

共同募金は、地域の福祉団体等からの助成の申請を基に助成計画を立案し、その計画に基づき、助成事業に必要とされる目標額を毎年定めています。

つまり、地域ごとに課題解決に必要な使いみちの額を事前に定めてから、寄付を募る「計画募金」です。

 

募金運動期間は

10月1日から翌年3月31日までの6か月間で、全国一斉に行われます。

 

共同募金の使い道

共同募金の助成は、高齢者サロンの運営や点訳ボランティアといった草の根のボランティア活動の費用から、障がい者の共同作業所の車両整備や社会福祉施設の改修まで、さまざまな民間の地域福祉活動を支援しています。

 

毎年、募金をすると赤い羽根がもらえます。

これです。

昨年もらった赤い羽根

これは昨年もらった赤い羽根。

きれいなのできっと何かに使うかもしれないと思い、しまってありました。

 

赤い羽根の裏側のシール

裏面にはシールが付いています。

 

昔は羽の根元に針が付いていて、服に刺して付けていました。あれは危ないし無駄でしたね。

 

赤い羽根を付けたくまモン

シールなら、たとえ裸でも安心して付けられます。

たくさん集めれば、かっこいい帽子の飾りにしたり、カーニバルの衣装にも使えるかもしれません。

 

しかし、今年は一味違っていました。

 

赤い羽根シール

 

赤い羽根の絵のシールです。

 

 

裏面にはこんなメッセージが。

 

!?

赤い羽根シールを付けたくまモン

今年の赤い羽根、つけるとこんな感じになります。

 

寄付金の税制優遇

ところで赤い羽根共同募金は、税制上の優遇があります。

確定申告すれば、所得税、住民税の控除を受けることができます。

 

所得控除の税制優遇の内容

まず所得控除か税額控除を選択する

所得控除を選択する場合
寄付金の合計額-2,000円=寄付金控除額
(所得金額-寄付金控除額)×各自の税率=寄付金控除後の税額
※寄附金額は年間所得の40%を限度

税額控除を選択する場合
税額控除額=(税額控除対象寄付金額-2,000円)×40%
※税額控除額はその年分の所得税額の25%が限度

 

住民税の税制優遇の内容

税額控除額=(寄付金額-2,000円)×10%
※寄付金額は年間所得の30%を限度

 

よく見たら2,000円以上じゃないと控除はないのね・・・・

控除を受けたい方は、たくさん寄付してください。

 

少しでも地域の役に立つという気持ちが大切です。

500円では、税金の控除はもらえないけどシールがもらえます。

 

 

赤い羽根について考えた日でした。

 


人気ブログランキング
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただけるととってもうれしいです。

Posted by しお