春雨とひき肉でつくる、うちのピロシキの作り方

「ただいまー、おなかすいた!」と帰ってくるなり、むしゃむしゃ。育ち盛りの子供のおやつって大変ですよね。今や大人になったうちの子たちが、小学生だった頃、よくおやつに作っていたものです。自己流ですが、よかったら参考にしてください。

おやつにピッタリ!ピロシキ

ピロシキの出来上がり

材料

パン生地

  • 強力粉         240g
  • 小麦粉          60g
  • ドライイースト 小さじ1と1/2
  • 砂糖      大さじ1と1/2
  • 塩         小さじ1/2
  • バター          25g
  • 溶き卵1/2と水 あわせて190cc
  • 溶き卵          1/2
  • パン粉           適量

  • ひき肉         100g
  • 玉ねぎ          1/2
  • ショウガ        1かけ
  • 冷蔵庫の残り野菜
  • ごま油        大さじ1
  • 鶏がらスープの素   大さじ1
  • 塩、こしょう       少々
  • 醤油         大さじ1
  • 揚げ油          適宜

作り方

パン生地を作る

  • パン粉とバター以外のパン生地の材料をボールに入れ一つにまとめる。
  • バターを小さくちぎりながら混ぜ、生地になじませる。こねているうちにやわらかくなります。
  • 生地のまわりが30°cくらいになるようにして30分おきます。

パン焼き機がある場合は、パン生地の材料を全部パン焼き機に入れ、発酵まで自動で行います。

具の準備からできあがりまで

玉ねぎとショウガのみじん切り もどした春雨 刻んだ野菜
①玉ねぎとショウガをみじん切りにする。 ②春雨をお湯でもどして、食べやすい長さにカットする。 ③冷蔵庫の野菜を千切りにする。今回は干し椎茸、人参、ネギ、パプリカ、きくらげを入れました。
玉ねぎとショウガを炒める ひき肉を加えて炒める 野菜を加えて炒める
④ごま油を熱して玉ねぎとショウガを炒める。 ⑤ひき肉を加えて炒める。 ⑥野菜を加えて炒める。
味付けして冷ましておきます パン生地をカットする 具を包む
⑦鶏がらスープの素、塩こしょう、しょうゆで味付けしてから、春雨を加え、軽く炒める。 ⑧生地が膨らんだら軽く押しつぶしてガス抜きし、12等分にカットする。 ⑨具を包みます。
油で揚げる 揚げたピロシキ
⑩パン粉はつけてもつけなくてもおいしいです。今回は生地作りで余った卵1/2を使い、パン粉を付けました。 ⑪160°cで3分、きつね色になるまで揚げます。 ⑫油の中でころころ転がしながら上げるとむらなく揚がります。

サクサクの熱々、間違いなくおいしい!

ピロシキの切り口

うちは春雨多めで、かさ増ししています。具をわざと多めに作って、残りを春巻きにするときもあります。

そもそも本場ロシアのピロシキは具も様々で、甘いスイーツのようなものもあるそうです。また、パンではなく、パイ生地を使ったり、オーブンで焼いたり、自由なもののようですね。

具を変えたり、オーブンで焼いてみたり、自分だけのピロシキを作ってみてくださいね。

 

 

Posted by しお