湖西連峰でハイキングダイエット

緑が鮮やかな4月の終わり、ハイキングにとっても良い季節になりました。

今回、私は愛知県と静岡県の県境にある「湖西連峰」という所へハイキングに行ってきました。湖西連峰は浜名湖の西側にあり、富士山や三河湾を眺めることもでき、眺望がとても良いところです。

標高が低いので、初心者でも楽しく登ることができると聞いて、職場の方たちの登山サークルにはじめて参加させていただきました。

湖西連峰へハイキング

岐阜からお得な切符で湖西連峰に行く

JR東海から発売されている青空フリーパスという切符を買いました。

土曜・休日と12月30日~1月3日の期間に使える、1日乗り放題切符です。

JR東海の青空フリーパス

特急や急行に乗るときは、特急・急行券を追加で購入すれば乗ることができます。

私は岐阜駅からJR東海道本線の快速に乗って豊橋駅まで行き、そこから乗り換えて2駅の新所原駅で降りました。このフリー切符で行けるのは二川駅までですので、新所原駅までの1駅分、改札で190円を追加精算しました。

ハイキングの予定はこんな感じです。

ハイキングの予定

新所原駅から梅田登山口まで、舗装された道路を歩いていきます。このあたりは、ハイキング気分でおしゃべりも弾みます。

湖西連邦ハイキングコース 登山口

9時30分、登山口に着きました。ここから、いよいよ山道を歩きます。

湖西連邦ハイキングコース

服装と持ち物

服装や持ち物について、登山ベテランの皆さんに教えていただきました。

まず、ここの登山道はよく整備されていて歩きやすいですが、ゴロゴロした石や木の根っこがあるのでトレッキングシューズを履いたほうが絶対いいいです。

服装は、風が吹いたり雨が降ったりすると寒くなるし、歩くと汗をかくので、着るものはしっかり準備していかなくてはいけません。この日は暑かったので薄着で行きましたが、リュックにはウインドブレーカーやカッパ、簡単な着替えを入れていきました。

お店はありませんので、お弁当、飲み物、行動食をしっかり持っていきましょう。行動食とは、おにぎりやバナナ、チョコなど何でもいいですが、立ったままでもさっと食べられるような食べ物のことのようです。

私はおにぎり、バナナ、菓子パン、チョコなどを持っていきました。遠足みたいです。

そのほかタオルとかごみ袋とか、考えて必要なものを持っていきましょう。

 

嵩山(すやま)に登る

ハイキングコースにあるかわいいオブジェ

歩いていると、ちょいちょい何かオブジェのようなものが置いてあります。最初はハニワかなと思いましたが、よく見ると子供が粘土で作った作品のようです。表情が全部違うので顔を見ながら登ると楽しいです。

これらのハニワくんには、「530」と数字が書かれています。なんの暗号かしら。この山530mもないけど。

嵩山の頂上から見た浜名湖

結構、汗をかきながら歩き、嵩山の頂上に着きました。やった~!浜名湖が見えます。

ここで少々休憩。水分補給とおやつタイム。

かわいいオブジェの秘密

頂上で答えがわかりました。「ごみゼロ」だね。

了解!!おやつのごみはしっかり持って帰ります。

 

神石山へ

大きな岩の横を上る人

嵩山から今度は神石山を目指して歩きます。途中、仏岩とかラクダとか、大きな岩の横を通ります。整備された道ばかりではなく、こんなところも登っていきます。岩や木の枝をつかんで、何とか登れました。

岩だらけの登山道

ここまでは、まだ余裕でおしゃべりしていましたね。鳥の声も聞こえて気持ちいいです。

神石山の頂上

頂上に着きました。324mなのか~!意外と低い。

神石山からの景色

左側に浜名湖が見えます。空がかすんでいて残念ながら富士山は見えませんでした。

すごく上り坂がきつかったので私的には、これはハイキングじゃなくて完全に登山だなと思いました。ふ~ふ~言いながら頂上に着くと、なんと幼稚園児がいっぱいいて、お弁当食べてました。が~ん、幼稚園児でも登れる山なんですね。

ここでお弁当タイム。

ものすごくお腹がすいていたので、おにぎりがとても美味しく感じられました。

神石山からの道

さあ、休憩も済んだので、今度は二川駅方面を目指して歩きます。

ここからは登ったり下ったりを繰り返しながら進みます。下りがこんなにきついとは思いませんでした。ずっとスクワットし続けているような感じで太ももがパンパンになりますね。

登山道に咲いているきれいな白い花

ふわふわした白い花を咲かせている木がありました。トキワマンサクでしょうか。きれいです。

ウグイスの声にも癒されます。しかし、この辺りにくると、もうおしゃべりはできなくなっています。

道に迷った様子

ちょっと道に迷いましたが、舗装された道路にでました。ここから東海道五十三次の宿場町である二川宿を目指して歩きました。

二川宿資料館に着いたらここで解散です。今回は入りませんでしたが、資料館の入館料は400円ということです。

二川宿資料館

素敵な雰囲気なので、私は二川宿をちょっと散策して帰ることにしました。

それにしても足が疲れてパンパンなので、喫茶店に直行です。

二川宿

こまやという喫茶店

あったあった、蔵カフェ こまやさん。お土産屋さんも隣接しています。

蔵カフェこまやという喫茶店

珈琲とシフォンケーキ

アイスコーヒーとシフォンケーキで休憩。ふ~落ち着きます。

ここでしばらく足を休めてから、お土産を買い、帰りました。

帰りの電車は二川駅から岐阜駅までですので、朝使った青空フリー切符だけで帰ることができ、お得でした。

 

感想

登山はとてもしんどいですが、頂上に登ったときとても清々しい気持ちになるものだということが分かりました。ものすごく高い山に登ろうとは思いませんが、ハイキング程度ならまた参加したいと思います。

ただ、私には半日コース、そして山を下りたらすぐ喫茶店があるところがベストかな~。





 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただけるととってもうれしいです。

Posted by しお