まるでブルーベリー、簡単でおいしい桑の実のジャムの作り方

息子が小さかった時、公園に紫色した実が落ちていました。それを拾って、なんとパクッと食べてしまったことがありました。

わわわ、何食べたんだろうと調べてみたら、それは桑の実でした。桑の実は食べられると知って安心しました。逆にアントシアニンも豊富で健康にいいみたいです。

それにしても、何でも口に入れる年頃の子供は気をつけなければいけませんね。

桑の木

うちの庭の桑の木

さて、そんなことがあった後、面白いのでうちのお庭に桑の木の苗を植えました。小さな苗木だったのに、どんどん大きくなって実がゴロゴロなるようになりました。

桑の木はカイコの餌になる木です。カイコみたいな虫は付きませんが、最近は白い糸を出すキジラミという小さい虫が、葉っぱの裏側にいっぱい集まってくっ付いていたりします。葉っぱごと切り取って捨ててしまうので、何てことはありません。

特に何もしなくてもグングン育ってくれる元気な木です。

元気が良すぎてどんどん上に伸びていくので、毎年低めに切っています。

黒くなって食べ頃の桑の実

たわわに実った桑の実は、ぼーっとしていると鳥に食べられるか地面に落ちてしまうので、収穫してジャムを作ってみることにしました。

桑の実ジャム

材料

  • 桑の実    700g
  • グラニュー糖 200g
  • レモン汁(あれば)

簡単 桑の実ジャムの作り方

ボールに一杯収穫した桑の実 洗って鍋に入れた桑の実とグラニュー糖 沸騰するとアクが出てきた桑の実
①収穫した桑の実の緑色のくきをキッチンバサミで切り取り、きれいに洗います。 ②お鍋に入れてグラニュー糖を桑の実の重さの1/3くらい入れます。(お好みで) ③そのまま中火にかけるとすぐ水分が出てきます。アクが出てきたら、すくい取ります。
煮こんでいる途中の桑の実 絞ったレモン汁
④かき混ぜながら中火で煮込みます。軽く潰すように混ぜます。 ⑤あれば、レモンを絞ります。(大さじ1杯くらい) ⑥レモン汁を入れて、かき混ぜます。火を止めて乾いたビンなどに入れます。

熱々のジャムをビンに入れて完成です。

便に詰めた桑の実ジャム

種がつぶつぶして、手作り感のあるジャムが出来ました。

ペクチンやゼラチンは使用しませんので、さらさらした感じです。もっとドロドロしたジャムが好きな方は煮込み途中でミキサーにかけてもいいと思います。冷蔵庫に入れて冷やすと、出来たてのときより少し固めになります。

ブルーベリーのような味

シロップを炭酸で割ったソーダ

シロップだけをスプーンですくって炭酸で割ると、すてきな桑の実ソーダになります。

投入で割った桑の無ドリンク

豆乳で割って飲んでもいいですね。

ヨーグルトにかけた桑の実ジャム

桑の実ジャムをヨーグルトにかけていただきます。

まるでブルーベリージャムのような味、これが一番おいしいです。ぷちぷちした触感がお気に入りです。

 

息子に好きなだけお庭で食べてもらおうと思って植えた桑の木ですが、実がなるころには息子はすっかり大きくなり、今では私と主人が食べています。

老眼にもいいかしら?





 

 


人気ブログランキング
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただけるととってもうれしいです。

Posted by しお