文字入力の基本 こんな漢字出せる?変換の仕方

ワードやエクセルを使いはじめたころ、この文字どうやって変換するんだっけ?と困ったことがあります。

私が通っていたパソコン教室の先生に教えていただいたことを、ひとつひとつ思い出して書き記しておきたいと思います。

変換の基本

ひらがなを漢字に変換

Wordを立ち上げて練習してみましょう。

まずは「桜」という漢字を入力してみます。

入力 スペースキー 確定
S A K U R A

 

 

スペースキー

(スペースの隣の変換キーでもできます)

 

Enterキー

 

さくら

シンプルですね。すぐに変換できました。

 

変換候補が複数あるとき

 

入力 スペースキー 候補を選択 確定
H A S I

 

 

スペースキー

(または変換キー)違う文字が候補として出たとき、もう一度押す

 

下向きやじるしキー矢印のキー、またはスペースキーで目的の文字を探す

 

Enterキー

 

はし 「はし」の変換候補 「はし」の変換候補から希望の文字を探す

見つかりました。

 

変換候補が多すぎて見つけにくいときは一覧を表示

例えば「こう」と入力して変換すると

「こう」の変換候補

このように候補が表示されますが、これをずっと下まで探していくのは大変です。

Tabキー

そんな時はTabキーを押して一覧で探してみましょう。

 

「こう」の変換候補一覧

こんな風に一覧が表示されて探しやすくなりますね。

スペースキーや矢印のキー、またはマウスで選択します。

 

変換候補の中に目的の文字がないときはIMEパッドが便利

困りました。変換したい文字が見つかりません。

もうこうなったらこれを使いましょう。

文字変換ソフトを「Microsoft IME」をお使いならこんな言語バーがありますよね。

IMEパットのアイコン

言語バーの出し方はこちら

この鉛筆たてみたいなアイコンをクリックするとIMEパッドが表示されます。

IMEパット

※Windows10の場合

Windows10では初期設定では言語バーは出ていません。

Windows10でIMEパットを出すときの手順

画面下のタスクバーにある「あ」とか「A」と書いてある文字の上で右クリックします。

IMEパッドをクリックします。

IMEパッドで手書きで検索する

左側の四角の中にマウスを使って手書きで文字を書いてみましょう。だいたいへたっぴな字になりますが、上手に見つけることができますよ。書き間違えたら「戻す」か「消去」してもう一度書いてみましょう。目的の文字が見つかったらクリックして「Enter」で確定します。

「荖」という漢字が出せました。ちなみに「きんま」と読むようです。

IMEパッドはとても便利で、私も仕事でよく使います。ぜひ覚えておきましょう。

 

 

 


人気ブログランキング
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただけるととってもうれしいです。

Posted by しお