「笑顔の向こうに」という映画を見た感想

歯について考えた日

2019年2月15日から「笑顔の向こうに」という歯科界初の本格長編映画が全国ロードショーとなりました。

今まで歯医者さんのドラマなんかは見たことありましたが、歯科衛生士と歯科技工士が主役のものって見たことありませんでした。

そもそも歯科衛生士って歯医者さんに行ったら横でお手伝いしている人で、歯科技工士に至ってはこんなお仕事している人がいることすら知らなかった私です。

笑顔の向こうに

キャスト

歯科技工士役は高杉真宙(たかすぎまひろ)さん、イケメンです。エグゼクティブプロデューサーの井内さんによると、彼をこの役に抜擢した決め手は、仕事に対する意欲、目つきが違うと感じたからだそうです。カットがかかってもまだ作り続けるほど熱心だったとか。高杉ファンはぜひ見に行ってください。

歯科衛生士役には安田聖愛(やすだせいあ)さん。見た目は大人びた感じの女優さんですね。なんと主役の高杉さんとは本当に高校の同級生だそうです。しかも、お姉さんが現役歯科衛生士ということもあって、この役ぴったりだったのかもしれないですね。

辻本祐樹、西方凌、濱田英里、ayanonono、木村祐一、佐藤藍子、藤田朋子、秋吉久美子、中山秀征、松原千賀子、阿部雄二、池田鉄洋、善知鳥いお、中村昌也、阿部桃子、大平サブロー、宗太郎、大出俊、熊切あさ美、丹古母鬼馬二、児島みゆき

と書いてみて思ったんですが、ayanononoってどんな人?

調べてみたらユーチューバーなんですね。チャンネル登録者数33万人以上じゃないですか。この方、ご自身も歯科衛生士になるために勉強中だそうです。これも縁ですね。

感想

映画自体はほんわかして心温まるストーリーでした。何か重大な事件が起こるわけでもなく、日常の出来事といった感じの流れではありましたが、少しうるうるっとする場面もありました。

歯医者さんって、痛くて怖くてできることなら行きたくない場所じゃないですか。でも歯って、生きるためになくてはならないものなのだし、虫歯になったら絶対行きますよね。

この映画を見て、歯の大切さも分かったし、こんなに見えないところで努力してくれている人がいるんだということを知ることができました。すばらしいお仕事だなと思いました。いつかまたお世話になると思うので、歯医者さん、歯科衛生士さん、歯科技工士さん、これからもよろしくお願いします。

おまけ

映画に来たついでに、お買い物をして帰りました。いつも行くKALDIでバレンタインデーの売れ残りチョコの売り切りセールをやっていたので、のぞいてみました。

私の大好きなチョコ発見。

カヴァるニーボリータスチョコレート

カヴァールニー ボリータスチョコレート(ダーク)

カヴァールニー ボリータスチョコレート 一粒

これこれ、まんまるで口いっぱいに広がるチョコが美味しい~!!

食べた後はちゃんと歯を磨きますね。

 

それにしても・・・・

レシート

お会計でば~んと50万円の束と500円玉を出す私。

そして50万円と102円のお釣りをもらう私。

 

・・・・想像して笑ってしまいました。

 

Posted by しお