文字入力の基本 IMEの言語バー表示の方法

文字入力の基本をおさらいしてみたいと思います。私自身、パソコンは仕事やプライベートで使ってはいましたが、意外と基本的なことは知らずに自己流でやってきました。40代後半になって思い切って行ったパソコンスクールで、一から教えていただいたことをメモしておきたいと思います。何度質問しても丁寧に教えてくださった先生に感謝です。

文字入力の基本

日本語入力システム

パソコンで日本語を入力するために、日本語入力システムというソフトを使います。日本語入力システムは、ひらがなやカタカナ、漢字などを入力する際に必要なプログラムです。

代表的な日本語入力システムとして”Microsoft IME”があります。

職場などでは、まだまだWindows10になっていないところも多いかと思います。私が習ったパソコンスクールでもWindows7でした。その場合、IMEの設定や変換にはこの言語バーを使用します。

IMEの言語バー  ←IME言語バー

Windows10では、デスクトップの下のタスクバーにIMEのアイコンが表示されています。

IMEのアイコン

 

Windows10でも言語バーを出したいとき

タスクバーにあるアイコンを右クリックすることで設定ができるので初期設定では言語バーは表示されていません。慣れ親しんだ言語バーを出したいという方は、設定またはコントロールパネルから表示されるように設定することが可能です。

スタート、設定

①デスクトップの左下の角にある【スタート】をクリック

②その上の【設定】をクリック

 

Windowsの設定画面

③【時刻と言語】をクリック

 

地域と言語

④【地域と言語】をクリック

⑤【キーボードの詳細設定】をクリック

 

キーボードの詳細設定

⑥【使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する】にチェックを入れる

※元に戻すときはこのチェックを外す。

⑦【言語バーのオプション】をクリック

 

言語バーのオプション

⑧【言語バー】タブをクリック

⑨【デスクトップ上でフロート表示する】か【タスクバーに固定する】のどちらかを選んでクリック

フロート表示 ← これがフロート表示

タスクバーに固定 ←これがタスクバーに固定

⑩【OK】をクリック

お好きな方を選んで設定してみてくださいね。

 

フロート表示にした言語バーをタスクバーに固定したいとき

フロート表示

言語バーの左端をマウスで左クリックしたまま、タスクバーにぶつける。または言語バーの右上の角の横棒のマークをクリックする。

タスクバーに固定

タスクバーに固定されました。

元にもどすときは

言語バーを元にもどす

タスクバーの左端のアイコンをクリック、【言語バーの表示】をクリックする

フロート表示

元にもどりました。

出したり入れたり、試してみましょう。

 

オンとオフを切り替えてみよう

文字入力の練習をするためにWordを起動しましょう。

日本語入力システムにはオンオフの状態があります。オンになっていれば、日本語で入力できる状態ということです。

日本語入力オフ  日本語入力 オフ

日本語入力オン  日本語入力 オン→ 日本語で入力できます!

Wordを使うときは、あらかじめオンの状態になっていますが、そのほかのソフトでは自分でオンの状態に切り替えないと日本語入力ができません。

半角/全角キー  キーボードの左上あたりにあるこんなキーです。

半角/全角キーを押して入力モードを切り替えてみよう

日本語入力の切り替えは言語バーの【A】や【あ】をクリックすることでもできますが、キーボードにある半角/全角キーならすばやく簡単に切り替えできます。

 

次は文字の切り替えをやってみよう

Posted by しお