オリンピックのチケット1枚も当選しなかった方へ 追加抽選販売の注意事項

TOKYO2020 オリンピックのチケット抽選販売で全部外れた方、たくさんいらっしゃいますよね。

私も同じです!

テレビ観戦するしかないか~とあきらめていたら追加抽選があるというではありませんか。

これはオリンピックを生で観るチャンスがあるかも。あきらめず、チャレンジしましょう。

1次抽選の追加抽選販売

抽選販売のスケジュール

抽選申込期間 2019年8月8日(木)未明 ~ 8月19日(月)11:59

抽選結果発表 2019年9月11日(水)

購入手続期間 2019年9月11日(水) ~ 9月24日(火)23:59

 

対象者

1次抽選販売で1枚も当選されなかった方。

私の場合、もし全部当たったとすると約40万円になるくらい申し込みましたが、全部はずれてしまいました。あの時は本当にがっかりしました。

 

抽選の対象となる競技

  • 水泳(飛込)
  • 水泳(水球)
  • 陸上競技
  • 陸上競技(マラソン)
  • 野球
  • ソフトボール
  • バスケットボール
  • カヌー(スプリント)
  • 自転車競技(マウンテンバイク)
  • 自転車競技(ロード)
  • 馬術(馬場場術)
  • フェンシング
  • サッカー
  • ゴルフ
  • 体操(体操競技)
  • ハンドボール
  • ホッケー
  • 近代五種
  • ボート
  • ラグビー
  • テコンドー
  • ビーチバレーボール
  • バレーボール
  • ウエイトリフティング
  • レスリング

 

チケットの種類

一般チケット、車椅子ユーザーチケット、同伴者チケット

 

申し込み枚数の上限

決勝戦などのメダルセッション 6枚

予選等、その他のセッション  8枚

 

申し込むときの注意事項

申し込みは1セッションのみ。

注意しなければいけないのは、システム上2セッション以上の申し込みができてしまうことです。

2セッション以上申し込んでしまった場合、申し込みは無効となります。

セッションとはチケットを販売する単位のことで、例えば

野球(男子ノックアウトステージ)
2020年8月4日(19:00~22:00) 横浜スタジアム 

これが1セッションです。

 

カスケードと第2希望の申し込みが可能

カスケードは申し込み時に希望した席種が落選しても、一つ下の席種のチケットが販売定数に達していない場合に抽選対象となるサービスです。申し込みの時に設定していないと自動的にはなりませんので、気をつけましょう。

例えば

サッカー男子準々決勝 
2020年8月1日17:00~20:00 宮城スタジアム
A席 落選 → B席 当選

これがカスケードです。

また、第2希望の申し込みをすることが可能です。

第2希望は第1希望と同一のセッションでは申し込みできません。

例えば

第1希望
サッカー男子準々決勝 
2020年8月1日17:00~20:00 宮城スタジアム
A席 2枚 落選

第2希望
ハンドボール女子準決勝
2020年8月7日21:00~23:00 国立代々木競技場
B席 4枚 当選

このようになります。

カスケードと第2希望はどちらかしか設定できません。でも申し込んでおいて損はありませんよね。

 

最後に注意すること

申し込むチケットを決めて、手続き完了!と思いきや、カートに入れただけで申し込み手続きを済ませていなかった~!!という失敗がないように、くれぐれも申込完了の確認をマイチケットから行ってくださいね。

 

東京2020観戦チケットバナー
オリンピック観戦チケット公式サイト


 

 


人気ブログランキング
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただけるととってもうれしいです。

Posted by しお